8月
25日
2021年

自分なりのストレス解消法を見つけるためには


ストレスを自覚し自分に合う解消法を知る

社会情勢や個人的な悩みなど大きさには関係なく、ストレスは誰にでも起こりやすいことなのです。ストレスをためてしまうと体だけではなく心までむしばまれてしまうことがあります。ストレスの兆候として体が疲れやすかったりだるさが続く、寝つきが悪かったり眠りが浅いなどの睡眠障害や、関節痛や偏頭痛といった筋肉系の症状が起こることがあります。この他にも嘔吐や下痢、便秘など一見するとストレスとは関係ないような症状もあらわれるケースもあるのです。

自分がストレスに苦しんでいたり、自分がストレスを抱えている状態であることを認識することは大切です。そしてその原因を少しでも軽減出来る方法はないのか、またストレス解消法も多くありますが自分に合う解消法を探すことも大きな意味があります。

自分と向き合い少しずつストレス解消

ストレスを解消するには自分の気持ちと向き合い、自分の感情の変化や何に対して緊張や不安を抱きやすいのかなど知ることからはじめます。問題を解決することが難しくても、誰かに自分の感情など言葉にして伝えるだけでストレスを軽減することもあるのです。助言などがなくても相手に自分が抱えていることを知ってもらったり、聞いてくれる人がいることは人とのつながりを感じ心を安定させます。

スポーツをするなど体を動かしてみたり、森林浴や瞑想をして呼吸を整えることもストレス解消法になります。完全にストレスをなくすことを目標とせず、少しずつ自分にあったストレス解消法を実践し体も気持ちも整えることは大切です。

品川の心療内科では医師による診察やカウンセリング、薬の処方によって不眠や不安などの症状を治療しています。